看護師の転職:デスクワーク

看護師の職場は医療機関が多く、一日中立ちっぱなしで患者さんに対応して肉体的にも精神的にもハードなものです。 看護師の仕事に憧れを抱いて医療機関に就職したのはいいものの、実際に働いてみると体がもたなくて、デスクワークを希望する方もいらっしゃるでしょう。
保育園看護師の求人どこにする?

看護師の資格は、一般的な看護職以外でも通用するところは色々ありますので、デスクワークで看護師の知識を活かしたいのであれば、そのような職場を見つけて転職するのもいいかもしれませんね。

看護師の有資格者をも求めている職場のひとつに、製薬会社があります。 製薬会社と医療機関は密接な関係がありますので、看護師の転職先としては最適ではないでしょうか。 薬の知識や豊富な経験が、製薬会社のデスクワークでも役立つはずです。

看護職の方がやりがいはあるかもしれませんが、なにせ心身ともにハードな世界です。 一旦、デスクワークの職に就くと、看護師をしていた頃に比べて楽に感じられることでしょう。 又、企業での仕事ですから、夜勤もありませんから仕事と家庭を両立したい看護師にとっては、働きやすい職場環境といえるでしょう。

又、医療機関で働いていると、休みがとれても土日祝日に休めるとは限りません。 シフト制で休みをとるので、平日が休みの場合もありますし、休日も多くは望めません。

しかし、製薬会社など一般企業では土日祝日休みの場合が多いので、家庭のある方は家族と一緒に休日を過ごすことができますし、独身の方も周りの友だちと休日を楽しむことも可能になります。

看護師が求められているデスクワークには、コールセンターなどもあります。 医療用機器に対する問い合わせの電話応対や医療に関する相談を電話で受ける仕事です。

只、デスクワークにはパソコンのスキルが必要です。 全くパソコンが扱えないよりも、基本的な操作ができるくらいのスキルは持っていたほうが転職に有利です。 でも、パソコンが使えないからといってデスクワークに就けないわけではありません。 研修制度を設けている職場を選択すれば問題ないでしょう。

ネット上にある看護師専門の転職サイトを利用すれば、看護職からデスクワークに転職する際に必要なことなど色んな面で専門コンサルタントがサポートしてくれます。勿論、求人情報も多く扱っているので、希望条件にあった職場を紹介してくれます。

新卒の助産師こそ吟味したい勤務環境

新卒として学生から社会人になるということは、とても大きな変化です。 学生として学ぶという立場と、働くという立場とでは、大きな違いがあります。

なかでも助産師として働くならば、新卒であっても、尊い命の誕生に立ち会うという業務に、社会経験がほとんどない状態で立ち向かっていく必要があります。

新卒助産師として採用されるためには、助産学を学べる大学で、看護学・助産学を4年間学び、看護師・助産師の2つの国家試験に合格する必要があります。

高校生の頃から「助産師になろう」と決心し、4年の時間をかけ、勉強をして得た助産師の職ですが、そのスキルをしっかりと育てていけるのか、ただただ過酷な医療現場になれることができずに苦しい経験をするのかは、最初の就職先選びにかかっています。

新卒でしかも看護職となれば、社会教育にとどまらず、病院の業務、患者さんや妊婦さんへの接し方、産婦人科医との関係など、学ぶことは山ほどあります。 いくら学校で学んだとはいえ、頭で理解することと実際に行うことには雲泥の差があります。

一方求人状況を見てみると、医療現場、なかでも助産師は人手不足の傾向があり、新卒・未経験者歓迎として求人を行う病院もたくさんあります。

そのような求人に応募し就職してみると、しっかりと新人助産師を教育できる体制が整っている病院がある一方で、「そんなことには構っていられない」とばかりに、新人であろうがスタッフの一人として扱い、いきなり先輩と同じような勤務に入るケースもあります。

そのような病院では、新人を教育すべき先輩看護師の方もゆっくりと教育に時間を割くことが難しいでしょうし、その意識も育ちにくいでしょう。 しかし、妊婦さんとお腹の子供の2つの命を預かる助産師の仕事では、まず失敗は許されることではありません。

十分な教育も協力も得られずに、その責任と向かい合って、20代前半の方が働くのは大変なことです。 新卒で就職してすぐに転職・・・となると、「またすぐに辞めてしまうのでは」と転職活動において敬遠されてしまう、といった話もあります。

そう思って、辛くても我慢して勤務を続けていると、どんどん心身ともに疲弊してしまい、体調を崩してしまうケースもあります。 そうならないためにも、新卒で助産師の職場を探すならば、その勤務先をより吟味する必要があります。

下記で紹介するおすすめの転職サイトでは、多くの助産師求人を扱い、無料での登録が可能です。 登録を行うと専任のエージェントがつき、それぞれの希望に合った求人を紹介してくれます。

新人教育がしっかりした職場を条件に、気になる求人については、残業状況や助産師の入れ替わりの実態など、なかなか面接では聞けないようなことも質問してみてください。

助産師という素晴らしい仕事を選んだからには、長く続けていくためにも、より良い職場に巡り会いたいもの。ぜひ新卒の助産師さんも、下記サイトを活用してください。

看護師の仕事内容について

看護師は病気や怪我のある方などの治療補助やケアを行う仕事で,厚生労働省が認可する国家資格を得ることで職業に就くことができます。勤務先は病院以外にも介護施設や保健所など種々あり,医療,保健,福祉などの健康に携わる広い分野で活躍することのできる医療従事職です。今回は看護師の病院における仕事内容について紹介します。

病院では,医師の下で患者の診療や治療補助を行うことが主な業務ですが,その種類は様々です。基本的な業務にあたる医師の診察補助の際には,施設によって多少異なるものの,問診や各種検査に加え,点滴や注射などの処置を行います。

入院設備がある場合には,患者が快適な入院生活を送ることができるように生活援助や看護を行います。具体的には,食事や排せつの補助や体温や血圧などのバイタルサインのチェック,車いすなどを使った患者の移送や寝返りができない患者の体位交換,ベッドメイキングなどの業務があり,それぞれの患者の状態に合ったアプローチを行います。

さらにその患者の状況によっては,心のケアを行う役割を担ったり,患者の家族とコミュニケーションをとったりして,より良い医療環境を提供できるようにします。看護師はスタッフの中で患者と接する時間が長い場合が多いため,身体面だけでなく精神面のケアにおいても重要な役割を果たします。

手術を行う設備がある病院に勤務すると,医師が行う手術の補助を行う場合もあります。ここでの看護師の役割は,手術チームの一員として手術を円滑に行えるようにすることです。医師の指示や動きに合わせて,執刀医に手術器械を渡すという作業の他,脈拍などの患者の容体を伝えたり,投薬や輸血状況などの手術環境をチームスタッフに報告したりなどの仕事があります。

患者に対する治療や身体状況などを記録する業務も行います。病院では一人の患者を複数名の医療スタッフで担当することがほとんどであるため,スタッフ間で情報共有を行い,円滑な治療を進めるためには適切な記録が重要になります。

ページの先頭へ